11/06/2017
A Collection for the Rijksmuseum | In English / 日本語版

Marjan Unger has been involved with the Dutch jewelry scene for a very long time, performing as a thinker, a curator, a professor, a historian, and a collector. Many of these roles are coming together as she prepares for the opening exhibition of the collection she has given to the Rijksmuseum. Along with the exhibition comes a catalog, and a symposium as well. I asked Marjan and Suzanne van Leeuwen, the exhibition curator and conservator at the museum, some questions about the collection and the process of giving it to the Rijksmuseum. Their responses are fascinating.

Jiro Kamata, Sunny Ring

Susan Cummins: Marjan, I know you call yourself a Material Girl and that you’ve collected jewelry for a long time, but can you give us an idea of how you got started down this path?

Marjan Unger: I’m a true baby-boomer, born exactly nine months after the end of World War II into a warm, middle-class Dutch family. Nothing special about that; an English friend once remarked, “the Dutch practically invented the middle class.” Special occasions like weddings, your 18th birthday, a degree, or an important step in your work were marked with the gift of a piece of jewelry. Often, you had a say in the choice. That’s a good starting point for realizing what role jewelry can play in people’s lives.

As a curious person, I wanted to live in my time. I have worked in fashion and happily took jewelry in my stride. Those little, wearable objects started to fascinate me, both for their materiality as well as their meanings. But it took me a long time to find out what my talents are. Rather late, I started to study art history and found out that I’m a storyteller, able to see things, analyze them, and write about it.

It was only when I started research for my book on Dutch jewelry in the 20th century that I really became a collector of jewelry, because no museum or other public institute had collected Dutch jewelry from 1900 ’til about 1965. For a small country, a lot of museums for modern art have collected jewelry from the late 1960s on. That’s the period that I’ve been part of. As editor of design magazines, and an art history teacher at the Gerrit Rietveld Academy, and head of the master courses in the applied arts at the Sandberg Institute in Amsterdam, I’ve been in the midst of developments in jewelry design or more generally in culture both in- and outside the Netherlands. For example, I have happily worn work that I bought from my students and I’ve followed them in their professional developments.

Paul Derrez, Pill-Roulette

You gave your jewelry collection to the Rijksmuseum in Amsterdam. Why did you choose this particular museum for your collection? What was the process you went through to place your collection there?

Marjan Unger: The decision was made in the flick of a second. It was summer 2008, I was sitting in the garden, and I immediately realized it was a good idea, because it was a perfect fit. Then the Rijksmuseum was being renovated, so it was an uncommon choice. Until then, their collections on the whole were limited to about the year 1900, including their jewelry collection. I knew they wanted to take on the 20th century. Other museums with jewelry collections were not interested in jewelry from before 1965. With my book on Dutch jewelry from the 20th century, it was probably the best-documented collection the Rijksmuseum has ever received. In 2008 and 2009, I was working on my thesis, Jewellery in Context. Together with the staff of the museum, my husband and I decided to publicly donate about 500 pieces of Dutch jewelry on the occasion of my doctorate on March 17, 2010. That was a good move. Even quality newspapers published articles about my jewelry in their scientific pages.

Around 2012, Wim Pijbes, the then-director of the Rijksmuseum, and Dirk Jan Biemond, its curator for metals—especially precious metals and jewelry—engaged me in the plan to make a publication on jewelry, based on my thesis, with the jewelry collection of the Rijksmuseum and all their other collections as its main source. Their liberal stand on copyright made this a not-to-be-missed opportunity to write a book on jewelry and its many-faceted contexts. My problem was that it seems to be easier for me to write a completely new text than rewrite an existing one!

Jewellery Matters

You say in the introduction of this new book, Jewellery Matters, that you were “keen to place jewelry in the context of those who wore it, their culture, and their time…” Contemporary jewelry has often been presented without this context and has therefore floated untethered from anything. It has been spoken of solely in relationship to itself. Why should we look at jewelry in the larger context?

Marjan Unger: Historians have written about jewelry from rather restricted perspectives, with emphasis on the developments in style and a strong preference for the new, the avant-garde. Like in art history, they focused on the makers and prominent historic figures. In writing about contemporary jewelry and especially in so-called “author’s jewelry,” the focus stayed on the new, on individuality and the creativity of the maker. As a material girl, my focus is on the jewelry itself. My main question is, “Why do people wear jewelry?” This question is seldom addressed in publications on jewelry, and in answering that question, you also make clear why people make and sell jewelry, one way or another. The reasons for wearing jewelry can be found in the study of fashion and human adornments. They’re very basic, but they change with the way a society develops in a certain place and style. It’s an approach with much wider parameters and, luckily, in the new book there was every opportunity to make this clear, in word and in image.

A big impulse for my new research was that the museum hired Suzanne van Leeuwen as junior curator for jewelry. She’s half my age, trained as an archeologist and a conservator of jewelry, and has substantial knowledge of materials and techniques. That’s so lovely, to work together with somebody who has the same interest and has a complementary set of skills. Now she’s a gemologist as well.

In jewelry, materials are content. If you look at the history of jewelry and the scope of materials used in jewelry now, materials transmit meaning to jewelry, as they probably do to other artworks as well.

Anonymous (The Netherlands), Brooch with Three Chicks

Where does one find jewelry in the Rijksmseum?

Marjan Unger: Everywhere. There’s a lot of jewelry on show. First, there’s a historic line-up of jewelry from about 400 AD to 1970 within the special collections on the ground floor of the museum. Interesting pieces of jewelry, silverware, and other small, beautiful artifacts are to be found in almost all the historic rooms, from medieval times ’til the 19th century. I love it when you can look at paintings, big pieces of furniture, and smaller artifacts next to each other, especially when they have something in common. It makes you look more carefully. This autumn, there are five smaller rooms dedicated to drawings and prints of jewelry. They offer a lovely insight into the way jewelry is designed and presented to prospective clients. There are also prints with a moral message. And for the first time, jewelry will be presented in the rooms dedicated to the 20th century.

Ute Eitzenhöfer, Greetings from Idar-Oberstein 18

Jewelry is an emotional topic, so I wonder how you’re currently feeling about giving away your collection. A little sad? Elated? How do you feel about the resulting exhibition and book?

Marjan Unger: Happy indeed, but I’ve always been my most ardent critic. Maybe you can ask me again when the book is printed and the symposium Jewellery Matters, on November 15, 16, and 17, is over.

Truike Verdegaal, Necklace

The remainder of the questions are for curator Suzanne van Leeuwen. First, can you give us a little background about yourself? What’s your position at the Rijksmuseum? Have you worked with a jewelry collection in the past?

Suzanne van Leeuwen: As junior curator and conservator, I’ve been responsible for the Rijksmuseum jewelry collection since 2014. After an introductory course in art history, I graduated in 2007 with an MA in classical archaeology. I spent many summers in Italy excavating, and during that period my focus was already drawn to small (metal) objects and the stories that they tell about their former owners. In 2009, I started with the Conservation and Restoration of Cultural Heritage program at the University of Amsterdam, where I could further develop my interest in jewelry, materials, conservation, and research. During my internship at the Rijksmuseum, I studied the Renaissance jewelry collection, which became the topic of my thesis.

Marjan introduced me to the world of 20th-century jewelry, for which I’m very grateful. I can’t think of a better mentor than her. The Rijksmuseum jewelry collection is the first collection that I’ve worked with. The diversity in age, historical significance, materials, and artists makes me come to work with a smile every day.

You asked a very good question in the book: “What values can be attached to jewelry?” Is it possible to give a brief answer?

Suzanne van Leeuwen: People’s attitudes to jewels and the properties attributed to them can be deduced from the basic reasons why people all over the world have made, sold, worn, inherited, admired, and studied jewels, as well as altered, faked, squandered, destroyed, stolen, and reviled them. In Jewellery Matters, Marjan has defined six universal values to which every aspect of the study of jewelry can be traced back:

  • the cultural value
  • the historical value
  • the social value
  • the emotional value
  • the material value
  • the financial value

Anonymous (Istanbul), Man’s Ring

Can you talk about how you used recent developments from the study of fashion and clothing as guidelines for your art historical approach to jewelry?

Suzanne van Leeuwen: Like the study of jewelry, the study of fashion and clothing is indebted to art history, but it has a longer tradition. The historical development of fashion and clothing was recorded before jewelry, and this provides a welcome context. Looking at developments within fashion theory, the study of jewelry is broadened to include visions from psychology, sociology, and economics. This wide context allows us to look at jewelry from different perspectives and general cultural developments.

Bert Nienhuis and Lodewijk Willem van Kooten Jr., Brooch

What was the process the Rijksmuseum went through to accept Marjan Unger’s collection?

Suzanne van Leeuwen: The Unger collection was accepted by the Rijksmuseum to mark the occasion of Marjan receiving her doctorate in 2010. A considerable part of the donation was already featured in her 2004 book, Dutch Jewellery in the 20th Century, a standard publication when considering Dutch jewelry. The individual perspective that formed this collection has played a very important factor for the Rijksmuseum to accept some 500 pieces, ranging from modest enameled brooches to work from famous Dutch designers from the 1960s onward. The Unger collection has opened doors within the Rijksmuseum that extend our collection policy. We recently acquired a handmade aluminum neckpiece from Emmy van Leersum that was featured in the famous 1967 fashion show in the Stedelijk Museum in Amsterdam.  

After this exhibit comes down, will more of the Unger collection be exhibited in the museum, and what does that depend on?

Suzanne van Leeuwen: The presentation of a small selection of the Unger collection in the galleries of the 20th century is a promising first step in introducing our public to modern jewelry. I hope that we can show more in the future, either in our permanent exhibition or imbedded in a larger exhibition dedicated to jewelry.

Jan van Speijk L. Caron (Amsterdam), Rose Branch from the Gunboat

Please tell us about the symposium you have planned November 15–17 in conjunction with the exhibition. How did you decide who to invite and what the program should be? Who do you hope to appeal to? And what do you hope to achieve?

Suzanne van Leeuwen: When we were working on the book, hosting a jewelry symposium seemed an ideal way to share our multidisciplinary approach to the study of jewelry. Questions and topics that developed during the writing of the book form the basis for the symposium. We used them as guidelines when we were thinking of inviting specific speakers. The speakers come from very different backgrounds, and that’s precisely the aim of the symposium: bringing together both specialists and students from different fields within the jewelry community, making no distinction between antique or contemporary, makers or collectors, student or teachers, art or commerce.

When attendees leave the symposium, we hope that they will be inspired, will have formed new ideas, think about research opportunities, and a have a lot of other questions.

Terhi Tolvanen, Fungus

Thank you.



 

***


 

2017年11月6日
マリアン・ユンカーとスザンヌ・ファン・リーウェンに訊く
ライクス美術館への贈り物
著者:スーザン・カミンス

マリアン・ユンカー氏は、思想家、キュレーター、教授、歴史家、コレクターとして、オランダのジュエリーシーンで長年活動してきた人物だ。そして彼女はいま、ある展覧会の準備を進めている。それは、ユンカー氏がライクス美術館に寄贈したコレクションのお披露目となる展覧会であり、カタログの出版と関連シンポジウムも同時に企画されているという。このコレクションとその寄贈に至る経緯について、ユンカー氏と、ライクス美術館の学芸員で本展を担当したスザンヌ・ファン・リーウェン氏に質問を投げかけたところ、興味深い話を聞かせてもらうことができた。

スーザン・カミンス:あなたは自らをマテリアルガールと称し、長年ジュエリーを蒐集してきたそうですが、蒐集を始めたきっかけを聞かせていただけますか?


マリアン・ユンカー:私は正真正銘のベビーブーム世代で、第二次大戦の終戦からきっかり9か月後に、中流階級の温かいオランダ人家庭に生まれました。イギリス人の友人によれば、中流階級の実質的な生みの親はオランダ人だというほど、オランダでは中流階級が主流でしたから、そういう意味ではごく普通の生まれです。結婚や18歳の誕生日、学位の取得、仕事上の転機などの記念にはジュエリーを贈る風習があり、多くの場合本人にも発言権がありました。これは、人生においてジュエリーが果たす役割を知るにはもってこいの環境だったと思います。

私は好奇心旺盛なタイプなので、時代を感じて生きていたいと思っていました。そして、ファッション業界で働くうち、運よくジュエリーも扱えるようになり、この小さくて身に着けられるアイテムの素材にも意味にも興味をもつようになりました。それでも自分の素質に気づくには長い時間がかかりました。しばらく経って美術史を学びはじめてようやく、自分には物を見る目も分析力もあって、それを文章にできるストーリーテラーの才能があることに気づいたのです。

本格的なコレクターになったのは、20世紀のオランダジュエリーについての著作を執筆するためにリサーチを始めたときのことです。当時は1900年から1965年頃までのオランダジュエリーを蒐集している美術館や公的機関がなかったからです。オランダは小さな国の割に、1960年代後半以降のジュエリーを蒐集している美術館ならたくさんあるんですよ。60年代後半以降は、私も関係者として活動しています。デザイン雑誌の編集者やヘリット・リートフェルト・アカデミーの美術史の教授、そしてアムステルダムのサンドベルグ・インスティテュートの応用美術の修士課程の責任者として、ジュエリーデザイン、ひいては国内外の文化面全般における発展の渦中に身を置いています。私は学生の作品を買い取って身につけることが好きですし、彼らがプロとしてキャリアを積んでいくのも見届けるようにしています。

画像

ポール・デレ(1950年生)、ピル・ルーレット、2003、銀、アルミニウム、パースペックス、径60㎜、ライクス美術館(アムステルダム)、マリアン・ユンカー氏およびジェラード・ユンカー氏による寄贈品、バッセム 2009、©ポール・デレ、撮影:ライクス美術館スタッフ

あなたはご自身のジュエリーコレクションをアムステルダムのライクス美術館に寄贈されましたが、なぜライクス美術館に白羽の矢が立ったのでしょうか。また、どんな流れで寄贈に至ったのでしょうか。

マリアン・ユンカー:寄贈先は一瞬で決まりました。2008年の夏、庭で座っている時に突如ひらめいて、これは名案だと思いました。文句なしの寄贈先だ、と。当時のライクス美術館は改装中でしたから、唐突な思いつきではありましたけどね。そのころのライクス美術館は、ジュエリーを含め1900年前後までの作品しか所蔵していませんでした。だから20世紀以降の作品も欲しいだろう、と。ジュエリーを置いている美術館はほかにもありましたが、1965年以前の作品に興味を持ってくれたところはありませんでした。私のひとつ前の著作は20世紀以降のオランダジュエリーについての本ですから、これも記録のひとつに数えれば、私のコレクションは、ライクス美術館がこれまで寄贈を受けたなかでもっとも記録が充実しているものになったと思います。2008年と2009年には論文「Jewellery in Context(文脈から考えるジュエリー)」を執筆しました。そして、美術館のスタッフとも話し合い、2010年3月17日の博士号取得の折に、夫と私からオランダのジュエリー約500点を正式に寄贈することにしました。これは英断だったと思います。一流新聞の科学欄にも私のジュエリーのことが記事にされたほどです。

2012年頃、当時のライクス美術館館長のウィム・ピジビースと、主に貴金属とジュエリーを扱う金工部門の学芸員のディルク・ヤン・ビーモンドが、ジュエリーに関する本の出版を企画した折に私にも声がかかり、私の論文を土台にしつつ、ライクス美術館のジュエリーコレクションのみならず、それ以外のコレクションもすべて主な資料にして執筆を進めることになりました。彼らは著作権回りのことに寛大で、そのことは、この企画をジュエリーとその多面的な文脈について本を書くまたとないチャンスにしました。個人的には、以前に書いた文章を加筆修正するよりも、一から書き下ろしたほうが早いように思えたことが悩みの種でした。

今回の新しい著作「Jewellery Matters(ジュエリー・マターズ)」には「身に着ける人と、その人が属する文化圏や時代を背景にジュエリーを考えるという点を重視している」という一節があります。コンテンポラリージュエリーは往々にしてそのような背景抜きに展示されてしまって根無し草となり、物同士の関係の中でしか語られてきませんでしたが、なぜより大きな背景を視野に入れてジュエリーを考えるべきなのでしょうか。

マリアン・ユンカー:歴史家は、スタイルの変遷ばかり取り上げたり、目新しいものや前衛をもてはやしたりと、かなり狭い視点からジュエリーについて書いてきました。これでは美術史と同じで、作り手と歴史上の重要人物に終始していることになります。コンテンポラリージュエリー、わけてもいわゆる「作家によるジュエリー」について書かれた文章でも、目新しさや個性、作り手の創造性が重視されます。でも、マテリアルガールの私にとっては、ジュエリーそのものが大事なのであり、「なぜ人はジュエリーを身に着けるのか?」が大きな問いなのです。ジュエリーについて書かれた出版物でこの点が問われることはまれです。そして、この問いに答えることは、なぜ人はジュエリーを作り、人に売るのかという点をクリアにするということでもあります。人がジュエリーを身に着ける理由はファッションや装飾の研究をすればわかります。それらの理由はとても根源的なものですが、特定の地域における社会の発展やスタイルとともに変化もします。この観点からアプローチすると、関連領域がぐっと広がります。幸い、今回新しく出す本では、テキストとイメージを通じ、随所でこの点をはっきりと伝えることができました。

ライクス美術館が、ジュエリーの学芸員としてスザンヌ・ファン・リーウェンを迎え入れたことは、私が新たなリサーチをはじめる大きなきっかけになりました。彼女は私の半分ほどの年齢ですが、考古学とジュエリーの保存を学んだ経験があり、素材や技法にもとても詳しい。同じものに関心を持てて、足りないところを補い合える相手と仕事ができるなんてこのうえなく幸せなことです。彼女は宝石学者でもあるんですよ。
ジュエリーの場合、素材が意味を持ちます。歴史を振り返ってジュエリーにどんな素材が使われるのかを学べば、素材がジュエリーに意味を与えていることがわかるはずです。これはほかの芸術作品でも同じだと思いますが。

ライクス美術館のどこに行けばジュエリーを見ることができますか?

マリアン・ユンカー:至るところで見られますよ。たくさん展示されていますから。まずは1階で特別収蔵品の一部として西暦400年前後から1970年までの歴史的なジュエリーを鑑賞できます。また、歴史の展示室のほとんどに、中世から19世紀までの興味深いジュエリーや銀器をはじめとするこまごまとした美しい品々が並んでいます。絵画や大型の家具、それからもっと小さい調度品が並びあって展示されている点が気に入っています。特に、それらのもの同士の間に共通点があるというところが。そのような工夫は鑑賞者の注意を促します。この秋の展示では、ジュエリーのスケッチや版画を小さめの展示室5部屋に飾りました。それを見れば、ジュエリーがどんなふうにデザインされてどんなふうにお客さんに見せられるのかを楽しく学べるようになっています。道徳的なメッセージが込められた版画もあります。ほかにも、今回初めて20世紀の作品の展示室にジュエリーが展示されることになりました。

ジュエリーは持ち主にとって思い入れのある品だけに、コレクションを手放すことについてどんなお気持ちなのか気になります。寂しいですか? それとも嬉しいですか? またコレクションから生まれた展覧会と本についてはどのように感じていらっしゃいますか?

マリアン・ユンカー:正直なところ満足していますが、私はだれより自分に厳しい批評家ですから、本が印刷に回って11月15~17日に行われる「Jewellery Matters(ジュエリー・マターズ)」のシンポジウムが終わったころにもう一度同じ質問をしてもらうといいかもしれません。

ここから先は学芸員のスザンヌ・ファン・ルーウェン氏に質問します。まず、ご自身の経歴をお話いただけますか? ライクス美術館での役割はどのようなものですか? また、過去にジュエリーのコレクションを扱う仕事をされたことはありますか?

スザンヌ・ファン・ルーウェン:私は2014年から若手の学芸員としてライクス美術館のジュエリーを担当しています。学生時代に美術史の基礎を学び、2007年に考古学の修士号を取得して卒業しました。長年にわたり、毎夏イタリアに渡って発掘作業をしました。そして、そのころから小さい(金属の)ものや、それらの品々から伝わってくるかつての持ち主のことに興味を持つようになりました。また、アムステルダム大学で文化遺産の保存と修復を学ぶ講座に参加したことで、ジュエリーや素材、保存、リサーチに対する関心がさらに深まりました。ライクス美術館でインターンをした時にルネサンス期のジュエリーのコレクションを研究したので、それを論文のテーマにしました。

20世紀のジュエリーの世界を教えてくれたのは、ユンカー氏でした。氏には大変感謝しています。氏以上の師はいません。このライクス美術館のコレクションは、私が初めて扱ったジュエリーのコレクションです。多岐にわたる時代や歴史的な意味合い、素材、アーティストの作品を扱えることが嬉しくて、毎日にやけながら仕事をしています。

あなたは、今度出る本の中で「ジュエリーにはどんな価値を持たせることができますか?」という鋭い質問をしていらっしゃいましたが、この質問に簡単に答えていただくことはできますか?

スザンヌ・ファン・ルーウェン:ジュエリーやジュエリーに付随する性質に対する人々の姿勢は、なぜ世界中で人々がジュエリーを作り、売り、身に着け、受け継ぎ、評価し、研究し、はたまた、改造し、偽造し、浪費し、破壊し、盗み、非難してきたのかという問いに対する根本的な答えを考えることで推測できるのではないでしょうか。ユンカー氏は「Jewellery Matters(ジュエリー・マターズ)」でジュエリーのどんな側面を学ぶにせよ、最終的には6つの普遍的な価値に集約されると説いています。その価値とは次の通りです。

  • 文化的価値
  • 歴史的価値
  • 社会的価値
  • 感情的価値
  • 素材的価値
  • 金銭的価値

ジュエリーに対して美術史的な側面からアプローチをする上で、服飾の研究における近年の発展をどう活用していったのか、お話いただけますか?

スザンヌ・ファン・リーウェン:服飾の研究も、美術史による恩恵を受けているという点ではジュエリーの研究と同じですが、服飾の研究の方が長い伝統を持ちます。服飾の歴史の記録はジュエリーより前にまでさかのぼることができ、興味深い背景を教えてくれます。ファッション論の発展を見て思うのは、ジュエリーの研究も心理学や社会学、経済学的な観点から語られるまでに拡大したということです。このような文脈の拡大は、さまざまな視点や文化的発展全般からジュエリーを考えることを可能にしてくれます。

ライクス美術館がマリアン・ユンカー氏のコレクションを取得するに至った経緯はどのようなものでしたか?

スザンヌ・ファン・リーウェン:このコレクションは、ユンカー氏が2010年に博士号を取得した折に館に寄贈されました。その大部分は、オランダジュエリーを考える上で基本書とも言える、2004年に出版された、氏の著作「Dutch Jewellery in the 20th Century(20世紀のオランダジュエリー)」に掲載された作品で占められています。このコレクションに通底する個人としての視点は、ライクス美術館が約500点もの作品を受け入れる上で非常に大きな決め手となりました。その作品は控えめなエナメルのブローチから1960年以降の有名オランダ人デザイナーの作品まで多岐に渡ります。このコレクションのために、ライクス美術館がコレクションの方針を増補したという点では、館内に風穴を開けたともいえます。最近では、1967年にアムステルダム市立美術館で行われた、あの有名なファッションショーにも出品されたエミー・ファン・リーサムの手製のアルミニウムでできたネックピースも買い入れました。

今回の展覧会後、さらに多くのユンカー氏のコレクションが展示されることになるのでしょうか? またその時はどのような文脈で展示されるのでしょう?

スザンヌ・ファン・リーウェン:20世紀の作品の展示室にユンカー氏のコレクションの一部を収めることができたのは、現代ジュエリーを公に知ってもらうための一歩として有効だと考えています。常設展であれ大規模なジュエリー展であれ、将来的にはより多くの作品を展示できればと考えています。

この展覧会との同時開催で11月15日から17日に行われるシンポジウムについてお話を聞かせてください。どのようにして登壇者やプログラムの内容を決めていきましたか?どんな層を対象にしようと思いましたか? また、このシンポジウムで何を成し遂げたいですか?

スザンヌ・ファン・リーウェン:本の執筆作業を進めるうち、ジュエリー研究に対する私たちの多角的なアプローチを知ってもらう恰好の手段はシンポジウムではないかと思うようになり、執筆中に沸いた疑問や思いついたテーマをシンポジウムの土台としました。これらの疑問やテーマは、具体的な登壇者を考える際の指針にもなりました。登壇者の経歴は様々ですが、それぞまさにこのシンポジウムで目指したことであり、ジュエリーのコミュニティの枠に収めつつも、アンティークジュエリーかコンテンポラリージュエリーかといった区別を問わず、作り手からコレクター、学生、教師を招き、さらにアートか商業かの枠を超えた多分野の専門家や学生に集まってもらうことにしました。

参加してくれた人が、何か刺激を受けたり、新しく何かを発想したり、リサーチの機会を探ったりできるだけでなく、多くの問いが生まれるシンポジウムにしたいと思っています。


ありがとうございました。

スーザン・カミンス:過去35年間にわたり、陶芸工房での勤務やストリートフェアの開催、ミルバレーの小売店「ファイヤーワーク」および、後に地域芸術やコンテンポラリーアートジュエリーの展示空間として知名度を獲得することとなったスーザン・カミンス・ギャラリーの経営といった、多岐にわたる経験を通じて視覚芸術の世界に携わる。現在は家族経営による私立財団Rotasaの運営とAJFおよびカリフォルニア美術大学の役員としての活動に尽力している。

 

 

 

 

 

Susan Cummins

Susan Cummins has been involved in numerous ways in the visual arts world over the last 35 years, from working in a pottery studio, doing street fairs, running a retail shop called the Firework in Mill Valley and developing the Susan Cummins Gallery into a nationally recognized venue for regional art and contemporary art jewelry. Now she spends most of her time working with a private family foundation called Rotasa and as a board member of AJF and California College of the Arts.

Thought Gems
The Revolutionary Object